1.HTMLメールでの投稿は避け、テキスト形式で送ってください。

メールのサブジェクト(題名)の前に、クリップマークなどの印があるのがHTML形式のメールです。
容量が多く、MLのサーバーの容量や、みなさんがお使いのパソコンのハードディスクの容量をたくさん消費してしまい、バイト数が大きいため送受信にも時間がかかります。

特に「outlook」または、インターネットエクスプローラー付属の「outlook express」をメーラーとしてお使いの方は、初期設定が「HTML形式」で出荷されていますので、ご自分でテキスト形式に変える必要があります。

その設定がおわかりにならない方は、こちらをご覧ください。
HTMLメールの修正方法
OE(outlook express)5の場合

HTMLメールの修正方法
Outlookの場合

2.半角カナ文字を使わないでください。
半角カナ文字は、文字化けするおそれがあります。

3.名簿を作っています。

お互いの状況を知った上で、有意義なMLになるように名簿を作っています。
お名前、お住まいの都道府県、メールアドレスのみが必須項目ですので、その他の項目については任意です。
MLに参加申請をされて、本登録後、名簿への詳細の登録をご希望の方は、以下の項目をコピーして、希望する項目を記入し、careMLまたは、care-pMLの名簿担当者へ送ってください。

careML、care-pMLの
名簿項目の閲覧、登録

4.その他、管理人がMLに投稿したご注意があります。参考になさってください。  
----メンバーのみなさんへ-----

ケメール管理人です。ケアメールをいつもご愛顧下さり誠にありがとうございます。


さて、ケアメールの参加者が現在85名で、色々な立場の方々が参加されております。
これからも更に増えて行く事が予想され、ここでもう一度ケアメールの原点に戻り、円滑に皆さんが利用できるように、また、このケアメールを末永く存続させるためにも (内部の内輪もめで崩壊したメーリングリストもある) 管理人として幾つか提案させて戴きたいと思います。


(1)最近の傾向ですが、ケアメールとケアPメールの区別が付きづらくなってきています。
ケアメールは本来、医療的ケアの子供たちのために「医療的ケアに関するあらゆる情報、意見の交換を目的とする。」という目的で作られたものであり、どのような立場の人でも参加しやすいような雰囲気がいつも作られているようにしましょう。

(2)これも傾向ですが、私的なメールが時々見受けられます。ケアPであれば差し支えありませんが、ケアメールでは慎みましょう。

(3)メールのタイトルですが情報量が多くなってくると、とても重要です。
忙しい人は全部メールを見る訳にゆきませんからタイトルを見て決めます。その時に内容がひと目で分かるようなタイトルを付けることが大切です。過去メールを検索する時も有効です。

(4)時々メールを読むとすぐに誰だか分からない場合があります。
ずっと読んではじめて誰だか分ることがあります。このようなことをなくするために文の始めに「○○県の○○です。」と名乗ってから本文に入るようにして下さい。署名が入っていると更にいいと思います。終わりはご自由に。
(例:ダイエット中の○○でした。・・・等々)

(5)返信する際の注意ですが、一つタイトルに誰かが返信し、それにまた返信し、ずっとして行くと内容が変わってしまうことがあります。
そのようなときは新しいタイトルにして下さい。

(6)1行最高40文字前後で投稿して下さい。機種によっては読めない人もいます。話しの区切り目で1行あけると読みやすいです。

(7)皆さんご存知のようにHTML文と半角カタカナは避ける。



以上、これからのことはケアメールを円滑に運営するためのもので
ケアPメールには全てに当てはまる訳ではありません。

前の方でも申し上げたようにケメールが円滑かつ末永く存続させるための
もので、これからも利用する皆さんのご協力をお願いしたい次第です。